気になる毛穴をなくして美肌になる方法などを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肌荒れになった時あなたはどう対処していますか?ただクリームを塗っただけで終わらしていませんか?それだけでは肌荒れを治すことはできませんよ。



まずは肌荒れの原因から見ていきましょう。肌の水分が減ってかさかさになった状態を肌荒れした状態といいます。特に乾燥肌の人が冬になると悩まされる症状で、シミ・シワなどの別のトラブルの引き金になります。


女性の肌の皮脂は男性に比べてもともと少ないとわれており、25歳くらいから減少していきます。肌に含まれている皮脂の量が少ないと、肌から水分が逃げやすくなって細菌なども繁殖しやすくなり肌にしっとり感がなくなり、肌荒れの原因になります。


肌荒れを治すには、外から保湿するだけでなく、肌荒れにいい栄養素を摂ることが大事なのです。肌荒れに効く栄養素のまずひとつめは、ビタミンB2です。このビタミンB2は、細胞を生まれ変らせたり、成長を促進させたりする効果があります。


ビタミンB2が足りなくなると、体の脂質が代謝されにくくなり、肌荒れを起こしたり疲れやすくなったりしてしまいます。ビタミンB2を摂るためには、牛乳、チーズなどの乳製品、そして卵、豚肉、納豆などを食べることで摂ることができます。


次に肌荒れ対策にいい栄養素は、ビタミンCです。ビタミンCにはまず肌の張りを保ち、しみやシワができにくくする効果があり、血中コレステロール値を下げたり、さらにはストレスを抑えるなどの力もあるのです。これはみかんやグレープフルーツなどの柑橘系の果物に含まれます。


肌荒れによい栄養素その③はビタミンEです。ビタミンEは活性酸素や、過酸化脂質の生成を防ぎ、種実類、植物油などに入っています。最後に肌荒れにいい栄養素の4つめはコラーゲンで、これはいくつもある細胞のすきまを埋めるという力を持っています。皮膚などの結合組織の主要成分で、フ
カヒレや、ゼラチンなどに含まれます。


これらの栄養素を意識的に摂ることと肌を保湿することで、内からと外からの効果で、肌荒れはかなり防げることになるでしょう。

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。