気になる毛穴をなくして美肌になる方法などを紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思春期になると必ずといって良いほど、皆さんが経験するのがニキビでしょう。青春の象徴であるようなものですが、なかなか厄介なものです・・・。



ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因で毛穴に皮脂が詰まり、そこへアクネ菌などの細菌が増え、
化膿や炎症を起こす状態のことを言います。


ニキビができやすいところはオデコ・鼻などのTゾーン、あごやもみ上げ近くの頬などUゾーンと呼ばれる部分です。ここは、皮脂の分泌量が多く、毛穴に余分な皮脂が詰まりやすくなっています。


思春期を過ぎた年齢になっても、ホルモンバランスの乱れ・食事での脂分の過剰摂取等により、皮脂の過剰分泌は起こりやすいのです。ですから、もうニキビとは呼べない年齢になっても、ニキビはできてしまうのです。


よく化膿してしまったニキビをつぶしてしまいがちですが、爪などで傷をつけたり、汚れた手で触ったりすることで、さらに悪化させてしまい、治っても、ニキビ跡となり傷が残ることがあります。


ニキビを作らないためには、毛穴の汚れを日々きちんと落とすこと。そして、毛穴にたまった皮脂をきちんと洗い流す事です。そのために、一番重要となってくるのは洗顔です。


洗顔することにより、毛穴に詰まった古い角質・皮脂を洗い流してくれます。こうして、いつも清潔な状態をつくっておくことがニキビ予防につながります。とても基本的なことですが、洗顔して清潔に保つことが一番大切です。


そして、食事で油ものを食べ過ぎないこと、規則正しい生活をすることなども気をつければ、この毛穴トラブルも解消していけるはずです。

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。